CD/DVD情報

朝日新聞&Mで連載中のコラム『WORD HUNT』の書籍化の新刊、『言葉にできない想いは本当にあるのか』(筑摩書房)好評刊行中!

 

「筑摩書房より「次の突き当りをまっすぐ」(本体価格1,400円)好評刊行中

 

「ちくま文庫より小説「うれしい悲鳴をあげてくれ」(本体価格780円)好評刊行中」 

 

朝日新聞デジタル「&M(アンド・エム)」にてコラム「いしわたり淳治のWORD HUNT」を連載中です

 

筑摩書房のサイト「WEBちくま」でショートショート小説の掲載中です

□雑誌「MUSICA」にて、「DISC REVIEW」を担当
(毎月15日発売)

□雑誌:「T.」(角川出版)の「COMMENTARY」のコーナーにて映画レビューを担当
(年に4回、季刊発売)

□SHINee
「Closer」「Don't call me」作詞担当
(Album「SUPERSTAR」2021年7月28日リリース)
81eQ-X5jxdS__AC_SL1500_.jpg
□手嶌葵
「東京」「こころをこめて」「ただいま」作詞担当
(Album「Simple is best」2021年6月2日リリース)
81yFCq12ZsS__AC_SX450_.jpg
□DISH//
「No.1」作詞担当
(Single「No.1」2021年5月26日リリース)
tsujyo_WEB_bd7778d.jpg
□CUBERS
「あたらしい生活」作詞担当
(Mini Album「あたらしい生活」2021年5月12日リリース)
71qRh7n+kHL___AC_SX300_SY300_QL70_ML2_.jpg
□門脇更紗
「きれいだ」Words produce担当
(配信Single「きれいだ」2021年5月5日リリース)
門脇更紗.jpg
□まふまふ
「片恋」作詞担当
(配信Single「片恋」2021年3月12日リリース)
71Nx8Yb-0zL__SS500_.jpg
□大原櫻子
「STARTLINE」作詞担当
(Album「l」2021年3月3日リリース)
71HwlColg1L__AC_UL320_.jpg
□手嶌葵
「ただいま」作詞担当
(Single「ただいま」2021年2月24日リリース)
81ARX9ONzKL__AC_UL320_.jpg
□Little Glee Monster
「世界はあなたに笑いかけている」他、全15曲 作詞担当
(Album「GRADATI∞N」2021年1月20日リリース)
71goYsbix7L__AC_UL320_.jpg
□BAEKHYUN
「Get You Alone」作詞担当
(Mini Album「BAEKHYUN」2021年1月20日リリース)
51QRB8r17pL__AC_SY450_.jpg
・SONY MUSIC主催の音楽スクール
『SONIC ACADEMY』がこの春から開講します。
その中の「ソニアカ MUSIC MASTER」にて
作詞コース全10回の講師をすることになりました。
http://soniaca.com

果たして作詞は人に教わって書くものなのかどうか、
という議論に関して様々な考え方があると思います。
書きたいことを自由に書くのが一番だと言う人もいます。
作詞は技術ではなく情熱だと言う人もいます。
そもそも作詞に教科書や正解なんてないと言う人もいます。

でも実際に作詞で行き詰まった経験のある人なら
「作詞には精神論だけでは越えられない壁がある」
ということに薄々気づいているのではないかと思います。

僕も作詞は書きたいことを自由に書くべきだと思います。
ただその時に大事なのは「伝えたいこと」を
「ちゃんと伝わるように書けること」だと思います。
そのためにはやはり「技術」と「練習」が必要です。

今までどこにもその「技術」や「練習方法」を
教えてくれる場がなかったから誰に訊いても
精神論のアドバイスしか聞けなかったのだと思います。

今回、僕は精神論ではない「技術」の講義を行います。
それも、教科書的な理論を押し付ける講義ではなく、
「練習」を繰り返しながら、対話をしながら、
それぞれの人に合ったスタイルを見つけて、
個々にスキルアップのヒントを得てもらえるような形で。
興味のある方は、是非参加してみて下さい。

また、ソニアカでは作曲コース、ヴォーカルコース、
アレンジコース、レコーディングコースも始まります。
そちらに興味のある方も是非。


・2/4にOKAMOTO'Sの新しいシングル
「HEADHUNT」がリリースされています。
http://www.okamotos.net
作詞で参加しています。どうぞよろしゅう。
デュララララ!!


・抹茶味の美味しいスイーツというのが結構ある。
でもこれをいざティータイムに
ティーを飲みながら食べようとなった時
肝心のティーは何を飲めばいいのかしらとなる。
緑茶じゃあ味がかぶるし、
コーヒーじゃあ味がぶつかるし、
それ以外のティーだってどれも問題が起きる気がする。
と思って、皆にインタビューしてみたところ
「ほうじ茶」がベストではという話で落ち着いたが
どうなのだろう。抹茶菓子の作り手の声を聞いてみたい。


・「バリ3」という言葉の死語感がすごい。
スマホになって電波の目盛りの数が
共通の3つじゃなくなったということ以上に、
そもそも電波がいいとか悪いということが
気にならない程どこでも電波がいい世の中に
なっているのだということに気づかされる。
2015-02-08 16:07 この記事だけ表示