CD/DVD情報

「筑摩書房より新作小説「次の突き当りをまっすぐ」(本体価格1,400円)好評刊行中

 

「ちくま文庫より小説「うれしい悲鳴をあげてくれ」(本体価格780円)好評刊行中」 

 

朝日新聞デジタル「&M(アンド・エム)」にてコラム「いしわたり淳治のWORD HUNT」を連載中です

 

筑摩書房のサイト「WEBちくま」でショートショート小説の掲載中です

□雑誌「MUSICA」にて、「DISC REVIEW」を担当
(毎月15日発売)

□雑誌:「T.」(角川出版)の「COMMENTARY」のコーナーにて映画レビューを担当
(年に4回、季刊発売)

□DISH//
「理由のない恋」作詞担当
(album「Junkfood Junction」2019年4月3日リリース)
DISH  Junkfood Junction.jpg
□はちみつロケット
「忠犬ハチ公」作詞担当
(single「忠犬ハチ公」2019年3月20日リリース)
はちみつロケット 忠犬ハチ公.jpg
□由紀さおり
「覚えていてね」作詞担当
(album「BEGINNING 〜あなたにとって〜」2019年3月20日リリース)
由紀さおり BEGINNING 〜あなたにとって〜.jpg

 

□私立恵比寿中学
「イート・ザ・大目玉」作詞
(album「MUSIC」2019年3月13日リリース)
私立恵比寿中学 MUSIC.jpg
□大原櫻子
「青い季節」作詞担当
(album「CAM ON! ~5th Anniversary Best~」2019年3月6日リリース)
大原櫻子 CAM ON! ~5th Anniversary Best~.jpg
□WEAVER
「だから僕を手放す」Sound & Words produce担当
(album「ID2」2019年3月6日リリース)
WEAVER ID 2.jpg

 

□J☆Dee’Z
「明日も、世界は回るから。」作詞担当
(album「Jewel」2019年2月27日リリース)
J☆Dee’Z  Jewel.jpg
□BURNOUT SYNDROMES
「世界を回せ」「ダーウィンに捧ぐ」Words produce担当
(album「明星」2019年2月20日リリース)
BURNOUT SYNDROMES 明星.jpg
□HAND SIGN
「ふたりのサイン」作詞担当
(配信single「ふたりのサイン」2019年2月6日リリース)
HAND SIGN ふたりのサイン.jpg
□中島美嘉
「恋をする」作詞担当
(album「雪の華15周年記念ベストアルバムBIBLE」2019年1月30日リリース)
中島美嘉 雪の華15周年記念ベストアルバムBIBLE.jpg
□Little Glee Monster
「世界はあなたに笑いかけている」「I BELIEVE」「CLOSE TO YOU」「青い風に吹かれて」作詞担当
(album「FLAVA」2019年1月16日リリース)
Little Glee Monster FLAVA.jpg

 

□KEY
「Why Are You Here」作詞担当
(mini album「Hologram」2018年12月26日リリース)
KEY Hologram.jpg
□RUANN
「READY YO GO」作詞担当
(配信single「READY YO GO」2018年12月12日リリース)
RUANN READY TO GO.jpg
□NELL
「元気でいて」作詞担当
(配信single「元気でいて」2018年12月5日リリース)
NELL 元気でいて.jpg
□テミン

Under My Skin」「Better Man」「What's This Feeling」作詞担当

(album「TAEMIN」2018年11月28日リリース)

テミン TAEMIN.jpg

購入する≫

 

□JDee'Z
「明日も、世界は回るから」作詞担当
(single「明日も、世界は回るから」2018年11月21日リリース)
JDee'Z 明日も、世界は回るから.jpg
□RUANN
「There's No Ending」作詞担当
(配信single「There's No Ending」2018年11月9日リリース)
RUANN There's No Ending.jpg
□オリジナルコンピレーションアルバム
「人類滅亡の歓び」作詞担当
(album「音量を上げて聴けタコ!」2018年10月3日リリース)
音量を上げて聴けタコ!.jpg
・1/27にGLIMSPANKYの新しいミニアルバム
「ワイルド・サイドをを行け」がリリースされました。
表題曲「ワイルド・サイドを行け」に作詞で参加しています。
http://www.glimspanky.com

・現在放送中のハウスメイトのCMで流れている
大橋トリオさんの「愛で君はきれいになる」の作詞をしています。
http://www.housemate-room.jp/cm/index.html


・「6歳のボクが、おとなになるまで」という映画。
DVDで見たのだけれど、3時間弱、じわじわ良かった。
同じ俳優で12年間撮り続けるという斬新な手法。
普通、映画というのは「何が起きるか」が大事で、
例えばゴジラなら途中でゴジラが出て来るし、
タイタニックなら途中で船が沈むのだけれど、
この映画は、ひとつの架空の家族を12年掛けて撮っている。
言ってみればそれだけのことなのに、凄く新鮮で、
「あの人は今」をずっと見続けている様な不思議な感覚で
家族の状況や容姿の変化を興味深く観続けることが出来る。
「ビックダディ」みたいな家族ドキュメント番組が
人気ある理由がよく分かる気がした。
それでもビッグダディはかなり珍しいケースの家族な訳で、
もっと普通の家族の12年はそう観られるものではないのだ、
他所の家族の生活をこんな風に淡々と定点観測することは
もの凄く貴重な体験なのだ、ということに気づかされる。


・最近、息子が絵本を理解し始めた。
悲しいシーンの時は悲しそうに顔をしかめるのだが、
ときどき、怖いシーンのはずなのに、
にやっと笑うことがあって、何だか空恐ろしい。
前世が稲川淳二なのかもしれない。
2016-01-29 18:35 この記事だけ表示